第17回 世界絵画大賞展 2021にてソフケン賞を受賞されたねねのりこさんにインタビューさせていただきました。ねねのりこさんは、コロナ禍のため、受賞式にはご欠席。今回はお電話でお話をさせていただきました。(聞き手:はにわきみこ)

「ゴハンが好き」だから絵のテーマにしました。

ーーこの度は、世界絵画大賞展、ソフケン賞受賞おめでとうございます。この賞には、毎年応募されているのですか?

ねね 世界絵画大賞展は、2008年から毎年、応募しています。賞ををいただいたのは、今回で5回目になりますね。

ーー 受賞作「ひねもす、のたりのたり」は、水彩と版画、の手法を使っているとのこと。

ねね 基本は、不透明水彩グアッシュで描いています。部屋に飾られた「お箸の絵」と「白いご飯粒と梅干の掛け軸の絵」の部分に、銅版画を使っています。

ーー ねねさんは、いつごろから絵を書き始めたのですか?

ねね 1995年からですので、もう四半世紀。26年目になりました。私は、学生時代、家政科を専攻していたんです。子どもの頃から、食べることと、絵を描くことが大好きで! だから、大好きなゴハンがテーマで、ずっとその絵を描いてきています。美大に行っていたわけではなくて、食品会社にお勤めしながら、カルチャーセンターで表現方法を身に付けました。

ねねのりこさんソフケン賞受賞「ひねもす、のたりのたり」

ーー 大好きなものを描く。それって表現者として一番自然に力を発揮できることだと思います。ステキです!

ねね そうですか~! 公募展に初めて出品したときも、やっぱり、ゴハンをテーマにした作品だったんです。そしたら、わざわざ「特別賞」を作ってくださって、受賞したという経験があります。

ーー 予定外の賞を作ってでも、評価したかった、ということですね。広くたくさんの人に見てほしいと。ねねさんの世界観、作品のオリジナリティが認められたということですね! どんな形で活動されているんでしょうか。

ねね そうですね。個展は、数えてみたら、これまでに28回開催しています。いちばん最近のは昨年の3月、京阪百貨店で開催したものです。(※1)

(※1)2020年3月26日~4月1日、京阪百貨店美術画廊(大阪守口市)にて ねねのりこ水彩画展

はにわ追記:ネット検索では、こちらも見つかりました!
『ねね のりこ 水彩画展』(紀伊國屋書店梅田本店、2019年7月2日~7月12日)

現在はアナログ。ファンに支えられ

ーー もしかして、ねねさん、ご自身のホームぺ―ジとか、Facebookとか、インスタグラムとかは、お持ちでないのでしょうか。

ねね はい、お察しの通り。実は最近ようやく、ガラケーからスマホに切り替えたばかりで。ホントにアナログにやっています……。

ーー あっ。こちらに、ねねさんの受賞・個展歴のページを見つけました! くだんの「初出品での特別賞」のことも載ってますね。(http://www3.plala.or.jp/garou-kaho/nenenoriko.html

ねね あっ。そうですか。個展をさせていただいたギャラリーさんが、情報を載せてくださったんですね。ありがたいです~。関係者の方、ブログに書いてくださるファンの方、みなさんに支えられています。

ーー ねねさんの作品は、販売されていますか? 欲しいと思ったら購入できるのでしょうか。

ねね はい、個展で販売しています。ときどき連絡先が知りたい、とギャラリーさんにお問い合わせくださる方もいらっしゃいます。私の絵をお求めくださった歯科医院さんは、ロビーに飾ってくださって。たくさんのかたにご覧いただいて、本当にありがたいです。

ーー 私は1966年生まれなのですが、ねねさんはもしかして、近い世代でしょうか。もうほんとに、もったいないので、せめて、インスタグラムだけでも始めてくだされば、と願います。(*この取材の後「インスタグラムはじめました!」と連絡をいただきました)インターネットで発信するようになったら、ねねさんの作品が好きで、もっと見たい、買いたい、という人がたくさん現れますよ。日本の食のことだから、海外でも好きな人はいると思います。これからのますますのご活躍を応援しています!

ねね ありがとうございます。来年(2022年)の個展も決まっていますので、ご都合があえば、ぜひ、ご覧ください。

ーー 本日は、素敵なお話、ありがとうございました。(取材日:2021年9月10日)

ねねのりこさんのインスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/nene.noriko/

ねねのりこさん作品情報

美術の窓10月号(2021年9月20日発売)202頁に掲載
https://www.tomosha.com/mado/

2022年4月「ギャラリーいろはに」にて個展会開催予定
日程:2022年4月8日(金)~4月27日(水)(木曜日、休廊)、時間:11:00~18:00
https://akaci517.wixsite.com/gallery-irohani