日本・ポーランド国交樹立100年記念 ポーランド・ポスター展

2019年4月6日(土)から2019年6月23日(日)まで、神奈川県立近代美術館 葉山館にて、「日本・ポーランド国交樹立100年記念 ポーランド・ポスター展」が開催されています。

20世紀のデザイン史に揺るぎない位置を占める「ポーランド派ポスター」 の展示にソフケンフレームラクパネが全面採用されました。

企画概要

20世紀のデザイン史に揺るぎない位置を占める「ポーランド派ポスター」。それは、ワルシャワ美術アカデミーで教鞭を執ったユゼフ・ムロシュチャク(1910-1975)とヘンリク・トマシェフスキ(1914-2005)というポーランド・ポスターの双璧と彼らの教え子や、その周辺のグラフィックデザイナーたちが、1950年代後半から1970年代にかけて制作した映画、演劇、音楽、サーカスなどのデザイン性に優れたポスターを指します。当時のポーランド人民共和国は、共産主義の統一労働者党の一党独裁と経済的な低迷の時代でしたが、グラフィックデザイナーたちは、逆に商業主義にとらわれない創造性に溢れるポスターを制作し、ポーランドのみならず世界中のグラフィックデザインに大きな影響を与えました。

神奈川県立近代美術館は、日本ではいち早く、1975年と1980年に旧鎌倉館でポーランドのポスターを紹介する展覧会を開催し、その際、ポーランド政府から寄贈された1960年代と1970年代を中心とするポスター290点を所蔵しています。この度、ワルシャワ国立美術館の分館であるヴィラヌフ・ポスター美術館の協力を得てそれらを改めて調査整理し、日本とポーランドの国交樹立から100年となる今年、ポーランド・ポスターを代表する14作家(1デザインチームを含む)176点を展覧します。


公式サイトより

展示風景

日本・ポーランド国交樹立100年記念 ポーランド・ポスター展 展示風景

公式ツイッターより

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてください。

開館時間、観覧料などは、下記の公式サイトにてご確認ください。

神奈川県立近代美術館の公式サイトはこちらへ

ポーランド・ポスター展チラシ 表面

ポーランド・ポスター展チラシ 表面

ポーランド・ポスター展チラシ 裏面

ポーランド・ポスター展チラシ 裏面