特注の展示ケースで貴重品を ── 「詩人の魂 金子みすゞ展」にて

「詩人の魂 金子みすゞ展」入口のスナップ

千葉県成田市公津の杜コミュニティセンター(もりんぴあこうづ)にて開催された「詩人の魂 金子みすゞ展」にて、弊社のグリップフレームシステムにて製作された特注の展示ケースをご活用いただきました。(開催期間は、2017年11月9日から11月19日まで)

金子みすゞは、大正から昭和にかけて作品を発表した童謡詩人です。今年(2017年)は、金子みすゞの遺稿手帳3冊512編が発見されてから35周年にあたり、展覧会では、3冊の遺稿手帳をはじめ、貴重な出版物、形見の着物、写真、資料などが一堂に展示されました。

私たちソフケンは、展覧会の開催に際して、貴重な展示品を盗難されることなく期間中安全に展示できるようなショーケースとして依頼を受け、4ミリアクリルで囲った展示ケースを提案、グリッパーの組み合わせで鍵を使わずにしっかりした構造のケースを納品させていただきました。

またほかにも、3面のアクリルを組み合わせた展示コーナーを提案、左右対称の3面体を中央のグリップフレームで受け、シンプルで視認性の高い展示が完成しました。(3面体は重ねて保管できるためスペースをとりません)

展示ケース

貴重品展示ケースは、グリッパーの組み合わせで鍵を使わなくても安全性の高い構造を実現しました。

「三冊の遺稿手帳」

「三冊の遺稿手帳」 ── 貴重な紙資料の展示に最適な3面アクリル展示ケースです。

「赤い鳥」

「赤い鳥」 ── 3面アクリル展示ケースは、左右対称に設計されています。中央連結部にグリップフレームシステムを活用しています。

3面アクリルのケース

3面アクリルのケース ── 透明性の高いアクリルの使用と高さを抑えた設計により、よりリアルな展示を実現しています。